人気ブログランキング |

ハチドリ農園の日々 hachibird.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

畑の様子や、生活のことなど、いろいろ。くだらなかったり、真面目だったり。コーヒーやカフェオレでも飲みながら、ちらっと覗いてみてください^_^


by ハチドリ農園
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


C/N比を意識しましょう


どーも、妻です。
先日、野村町で、有機農業の講習会がありました。
見た目は怪しい宗教団体のおっちゃんのような先生でしたが、笑
そんなことない!
わかりやすく丁寧に教えてくれる、そんでもって情熱的な良い先生でした( ´ ▽ ` )



久しぶりに、野菜づくりについて学んだことをつらつら〜っと書いていこうと思います。合ってないこと、アヤフヤなこと、稚拙な表現などもあると思います。
ベテランの方、そんなことも知らなかったの?!といった心境で、どうぞスルーしてください。笑
参考になれば幸いです。m(_ _)m
一緒に農業がんばりましょう〜!楽しく、ね!



さて、失敗しないで野菜づくりするには体力仕事だけでなく、段取りだったり、準備だったり、計算だったり、いろんなことをしなければなりません。
講習会に行くたんびに課題が増えてる…!そんな感じですorz

ちなみに、私、勉強苦手です。
嫌いじゃないけど、理解力ないです。
だから本読んでも解読できない、受け付けない。
すぐ人に聞きます、頼ります。笑

いざ、必要に迫られないと追求しない。
研究者の真逆のパターンの人です。

ちなみに我が弟は研究者です。彼は私に言います。
「一般の人に(自分の研究内容を)説明するのは難しい」

研究より、凡人に教えることの方がメンドくさい、と彼は言います。
だけど、今回、研究者だけど、私みたいにオツムが小さな人でも、教えるからがんばろうよ!っていう素晴らしい志を持った先生にご教授いただいたので、(怪しい…、なんて言ってゴメンナサイ。笑)その成果を書いてみます。
前置きが長くなりすぎましたm(_ _)m
では、行きましょう。


野菜(作物)自身が健康状態であり、かつ、きちんとした成長を遂げられるようにするための条件とは、

1、土が水はけがよく、根がきちんとはれる状態であること
2 (土のステータスが)作物が肥料を吸うことができて、分解されていない有機物に邪魔されないこと
3、必要な水分が補給できること
4、微量要素が存在していること


私が畑に従事する際に気にしているのが、とにかく水が畑にたまっていないか、ということ。
雨が降った後、なかなか水たまりがひかない畑というのは、特に水がたまっているところではあまりいい野菜ができない印象があります。(人参だと土の中で腐っていました。)
なので、そうならないような圃場にするよう、気を使っています。
ここはおそらく、基本的なことではないでしょうか。


次に気を使うのが、PHというもの。
酸性、アルカリ性って理科の授業で習った記憶がありますが、PHが高い、低い=酸性もしくはアルカリ性ということになります。どっちがどっちだか忘れましたが(^^;;
野菜によっては、酸性を好むもの、逆にアルカリ性を好むものとありますので、そこはきちんと把握しておかなければなりません。
一番良いのは中性の土壌です。(無難?というべき?)


おそらく、この2点については、どこのどんな農家さんでも、同意見ではないかと思うのです。基本中の基本、ではないかと。


では、次からいろいろと別れて行くのではないでしょうか。
さぁ、本題のC/N比へとうつりましょう!


私は、ひとまず、数字を使わないで表現をしてみます。
土作り、畑準備をする際 、2パターンのどちらかを選ばなければなりません。


パターン1、肥料がすぐ効く。結果がすぐ出る。チッソ飢餓の心配がない。
デメリット…土壌改良が必要となってくる場合がある、やりすぎるとチッソ過多になる。(作物のバランスが崩れる)

パターン2、根が張りやすく、悪天候でも作物が元気に成長する可能性がでてくる。きちんとやれば土壌改良の必要なくやっていける
デメリット…チッソ飢餓を起こしてしまう可能性がある、未分解の有機物が悪さをして害虫による食害を引き起こしてしまう可能性が出てくる


さて、みなさんはどちらがいいと思いますか?
それぞれのパターンは実際にどういうことをするのか気になりますよね。
では、あげていきます。


パターン1、C/N比の低い有機肥料(大豆カス、魚カス等)を施し、播種→収穫→土壌を休ませる(有機物を入れて熱処理等してしっかり分解させ、団粒構造にする)→チッソが多すぎな場合、とうもろこしなど、チッソを多く使う作物を作るor新たな作付けへ


パターン2、C/N比の高い有機肥料(ワラ、落ち葉等)を施し、熱処理してから播種→生産→チッソが足りない場合、追肥をする→収穫→土壌準備(繰り返し)


うーん、簡潔に書くつもりがごちゃごちゃに…


けど、これ、有機だろうが、化成肥料使ってます、だろうが、収量あげて、虫やら病気やら避けた、良いものを作ることについては基本は同じだと思うんです。

いくら良い肥料あげても、作物が養分を吸えないような土壌では意味がなくなりますからね。
なので、野菜づくり=家を建てることとして考えてみると、


土壌づくり=基礎づくり
施肥=家づくり
トンネルたてたり、薬やったり、いろいろ=修復(本当はダメだろうけど…)


私供としては、施肥や苗たての段階で、半作以上は行きたいのです。
けどまぁ、天候やらいろいろ事情はありますので、プロテス(物理的防除)かけないといけないんですけどね。(プロテスは妻の造語です。笑)


さて、長くなりそうなので一旦、切ります。
とにかく!C/N比は知っとく必要があります。
(今更〜なんて言われそう。)

失敗は成功のもと!
ぜひぜひ参考にしてくださいね〜


ちなみにズッキーニ、いくつか病気にかかったっぽいで〜す。泣

by hachidori0401 | 2017-05-30 23:59 | 百姓を続けていくには | Comments(0)

うちの水は軟水?硬水?


どーも、妻です。
ついこの間、健康診断がありました。
多分、異常なし。
BMIも標準の少し痩せてる傾向でした。
が、ウエストがまさかのまさる氏のプラス1センチ。(^^;;

報告したら、ものすごいブスっとした顔されました。
妻に求むレベルが高いことないかしら?
料理しかり、仕事しかり…

今、週一でバドミントンをやってます。
惣川の若い衆と。
なので、このままキープ!楽しくやれてるので、いい流れになりそうです。
下手っぴですが( ´ ▽ ` )

さて、今日は、私たちが普段使っている生活用水についての小話です。

初めて、ここ、惣川の家に来た時、印象に残っているのが、
お腹を壊したこと。笑
1日に何度も何度も下すので、実家のばーちゃんに相談したら
「水が合わないんじゃない?」
と言われました。
確かに、お腹を下すようなもの食べた記憶ないしな…


けど、ここ、惣川の水は市場で販売されてるくらい、品質の高い水なんです。
「ぞっこん」っていう名前で、割といい値段で売られています。
とある人は、うちにきてものすごい勢いで水をガブガブと飲んでいたそうで、
惣川集落内においても、うちは水の質がいいんだそうです。

ちなみに生活水は、山の水100パーセント。
ろ過はもちろんされてますが、水路は昔からあるもの、なので壊れたら少し厄介です。


さて、この、私たち永田家が使用している水について不思議な話があります。
それが、自家栽培しているお茶と関わっています。


b0364814_23521840.jpg
毎年5月になると、近くにある小さな自家栽培のお茶畑でお茶摘みをし、このように炒って、揉み込んでから、天日で干し、番茶として飲用します。
この番茶、食事の時に飲みます。
マックス五番茶くらいいけます。笑
持ちがけっこういいんです。



b0364814_23552391.jpg
天日干し中。(ちなみに今年は私、ノータッチ。笑)
ところがこのお茶、私にとってはですが、よその水で飲むと青臭い匂いがして美味しくないんです。
これをまさる氏の親戚にカミングアウトしたところ、あーわかるわかる!と共感されました。
不味いって言ったのはさすがにマズかったですが…(^^;;

うちで飲むと普通に美味しいんですけどね。


b0364814_00000250.jpg
私が愛飲しているのは、高知の坂本農園さん(茶々香さん)のお茶。
こんな風景が広がっているところ。素敵なとこ、まさにプロの味。
お茶って、習慣で飲むものなので、なかなか変えられないんですよね。

坂本さんのお茶は現在、水出ししてガブガブ飲んでます。笑


b0364814_23045811.jpg
もちろん、ホットも美味しいです。
ハーブとブレンドしたお茶もなかなかいける!
ハーブティー初心者にはオススメかもしれないです!苦手な方とか!

しかも、ブレンドしているハーブは、あの、ハーブ仁淀川さんのものらしいです。
素敵なコラボです(^。^)


さて、話は戻りまして…
私がお腹を下したこと、お茶の味が変わること、ガブ飲みする人がいること、を踏まえ、考えられるのが、うちの水はもしや、硬水ではないか?!ということ。

硬水で有名なのが、ペリエやエビアンといった輸入ものですね。
イタリアンレストランにいけば、たいがいペリエなんかは置いてます。

とはいっても、私がイタリアンに行ってたいがい飲むのが、ビールやワインなので、ペリエは疎遠なのですが、うちのアッシーこと、まさる氏によると、

「軟水と硬水って全然ちゃうから。てか、うちのは、硬水じゃねーし。」←イタリアンに行くとたいがいペリエを飲んでる。


ということで、うちの水は硬水?説は、まさる氏によって一蹴されたわけですが、
どうなんだろう…
私もペリエは飲んだことがありますが、正直、違いは分からず…

謎に包まれています…
うちに来たら絶対、お水飲んでみてください。笑

あ、もちろん来てくださったらコーヒーとお茶菓子くらいは出しますよ〜
家、散らかってますけど。笑



by hachidori0401 | 2017-05-25 23:17 | 妻の独り言 | Comments(0)

Lapin-ラパン-とhachiばあど


どーも、妻です。
最近、落語と「すごいよ!マサルさん」というアニメにハマりだしました。笑
両方、全く笑いの意味がわからなかったのですが、わかるようになってきたのか?
笑えるようになってきました。(これって成長?)

落語は聞いてても、つい寝てしまう私ですが、最近教育テレビで、「落語 the movie
」という番組をやってまして、そこからハマりだしました。
「まんじゅうこわい」とか「釜泥」とか、面白いです。

「すごいよ!マサルさん」は同作者の作品である「ピューと吹く!ジャガー」同様、面白みが分からなかった漫画でしたが、最近笑えるようになってきた!
うちのマサルさん曰く(笑)、やっとわかるようになってきたか。とのこと。なんやねん。

高校生のときに友達からジャガーさんの漫画、10冊貸してもらったのですが、その当時、全く笑えなくて、結局、読まずに返してしまった記憶があります。
返すときロクに感想言えなかった…。orz
今なら分かるかな?
逆に、これ、すっごく面白いよ!って貸してくれた友達がすごいと思う。しかも女子。



…ということで、私の友人にはですね、
インテリ女子がちょいちょい、いるんです。(ジャガーさん貸してくれた子も頭良いんです)
ありがたい話、そのうちの1人とお仕事コラボレーションしよう!ってことで、
ご紹介させて頂きます。


b0364814_23365845.jpg
まず、本業のご紹介。
私の大学友達が、消しゴムハンコを作っていて、これがなかなかのハイクオリティー!
消しゴム、されど、消しゴム。
領収書用の消しゴムをオーダーして、一週間程度で届きました。(仕上がりが一週間から二週間程度くらいだそうです。)

消しゴムハンコは、きちんと管理すれば長く使えます。
優しくインクをつけること、つけたインクを必ず丁寧に拭き取ることで、長く使うことができます。(がんばろう!)



b0364814_23502416.jpg
さて、彼女から消しゴムハンコの他にこんな素敵なものが届きました!


私ですね、乾燥ハーブの商品をボチボチ、ラインナップしていこうと奮闘中ですが、
まだハーブできてないのにまた作るもの増やしちゃいました。笑

ハーブ雑貨もちょいちょいやってまいります。
上の写真は、見本。(生ハーブは使ってません。アロマオイルは使ったらしいけど。)
アロマワックスバー、キャンドル、リースの見本が入っていました。

うち、ハーブ作るけぇなんかシャレたもん作ってや〜
っていったら即行来ました。
さすが、できる女は違うね〜

ハーブ雑貨は友人が営むLapin-ラパン-とコラボして作っていきます!
私の畑から、ちょっとした遊び心で、オシャレで素敵なものを届けていけたら嬉しいです!(加工は友人がやりますが。笑)
もちろん、Lapin-ラパン-さんもぜひぜひご利用くださいね〜!
広島でやりよるよ〜!


ちなみに、最近は

ヒソップ
バジル
ステビア


が、新たに発芽しました(^ν^)
梅雨に向けて、もうひと頑張り!

by hachidori0401 | 2017-05-22 00:06 | 加工のこと | Comments(0)

どーも、妻です。
GWはほとんど仕事でしたが、一日だけ遠出をして参りました。
今回は愛媛県の西条市にあります、お米農家さんへ訪問。


b0364814_21011062.jpg
先月行ったばかりの高知オーガニックマーケットでたまたま知り合った「土と暮らす」を経営している周藤さん。
無農薬、無化学肥料なのはもちろんのことですが、なんと無肥料でお米を作っていらっしゃいます。

こちらの甘酒は作られているお米で製造されたもの!
ここで、え?!と思う人は素晴らしい。私はなんとも思わなかった非常識者です。笑
私は甘酒が大の苦手だったのですが、この甘酒、美味しいです。
感想…甘酒のあの独特な臭さがない!ほんのり甘い。
ぜひ、ご賞味ください。



b0364814_21124150.jpg
西条までは車で約2時間ちょい、けっこう遠いようで、意外とそうでもなかったかな?と思いました。
今回は機械を使って、種もみを苗箱に播種→覆土。

トレーをセッティングする人、種もみを流す人、補充する人、覆土を調整する人、トレーを運ぶ人、土を補充する人、かん水するひと、オペレーターをする人…
1つ1つの労働力はそんなにハードではないですが、流れ作業は人が多ければ多いほど、はかどります。
b0364814_21155933.jpg
種もみを播種したトレーを近くの圃場に運んで並べ…



b0364814_21164448.jpg
ホロをかけて…(保湿、保水作用。乾燥を防ぎ、発芽を促します)



b0364814_22513023.jpg
風で飛ばされないようにしたらオッケー!
これが今回の一連の作業。
人数が多い分、余裕がありました。

ところが私、やらかしまして…トレーを一枚分オシャカにしてしまいました…orz
ものすごくつまらないミス…本当に申し訳なかったですm(_ _)m


b0364814_22564066.jpg
今回、播種したものはイセヒカリ、初霜、農林48号。
お米もいろんな品種があります。
特に初霜は珍しい品種。

首藤さんは、初霜を今後残していこうという試みで、取り組みを始めたそうで、他の種と混ざらない様に、品種が変わるごとに機械の清掃をきちんと行なった上で、切り替えを行なっていました。


b0364814_23413793.jpg
覆土に使った土も、品種ごとに分けます。
うっかりとしたミスで品種が混ぜこぜになることも、しばしばあることではないかなーと思います。
お米農家さんによってそれぞれでしょうが、お米を多品種栽培されるのはなかなか骨が折れる作業だなーと思いました。また、なかなか珍しいのではないかな?とも思います。

首藤さんは、細かい気配りで丁寧にかつ効率よく仕事を進める方です。
私がうっかりミスをした際は、厳しいご指摘をいただきましたが、ご指摘内容はごもっとも。(あとで、きつく言ってごめんね、と言われましたが。笑)

そんな首藤さんが作ったお米、炊いたらこんな感じです。


b0364814_23482378.jpg
つやっつやです。食べたらずっしりな感じ。(いろいろ食べたあとですみません。(^^;;)
お米の質の違いって、食べ比べたら分かりますか、なんて聞かれるとちょっと自信がないですが、私的にはかなり美味しいお米でした!(あの口うるさいまさる氏も、美味い!と言っていました。笑)



b0364814_23525943.jpg
ランチは、首藤さんのお米を使ってお弁当を提供していらっしゃる「こけし食堂」さん作!代表の大平さんも今回お手伝いに来てました。
美味しかったんです!おにぎりもおかずも!!
けど、お客さんからはお米ばっかりほめられる!とボヤいてました。笑

お客さんにより詳しくお米の説明ができるようにと、お手伝い、そして勉強に来ていらした大平さん。素晴らしいなー…としみじみ思いました。


b0364814_23581643.jpg
みなさん、初めましてでしたが、外でワイワイしゃべりながら食べたランチ。美味しかったです〜



さて、いろいろと貴重な体験をさせていただいて、もみ殻とイセヒカリの種もみをもらい、満足な1日でしたが、もう1つ収穫がありました。



b0364814_00034333.jpg
米粉と玄米オートミールのお買い上げ!
実は最近、玄米グラノーラの開発を目指している人と出会い、へ〜そんなのがあるんだ〜と感心している最中、丁度タイムリーで出会いました。

こちらのオートミール、味はお好みでつけるようになりますが、小さなおせんべいの様なサクサクとした食感でなかなかオススメです!

米粉が1キロで¥1,100
オートミールが220グラムで¥900

これから何をつくろうかワクワクしています!

みなさん、ありがとうございました!
また一緒にお仕事、ランチ、ご一緒したいです(^ν^)

by hachidori0401 | 2017-05-14 00:11 | 視察 | Comments(0)

GWがあっという間に過ぎて行きました〜
どーも、最近、ガチで妊婦さんですか、と聞かれた妻です。笑
下っ腹がでてきてるんです。これが残念ながら脂肪orz
腹筋鍛えなきゃ。常に言ってることだけど。

大学のゼミ仲間が、ご結婚されたそうで、何気なくおめでと〜とメッセージ送ったら
「ブログ見よるよー!」
という返事が返ってきました。嬉しいです。
ありがと〜!

ただ、進撃、FFネタなど暴走気味のブログなので、少し赤面。笑
だけど、この調子でガンガンいきますよ〜!作戦名、ガンガンいこうぜ!!(これはドラクエ。)


さて、忙しくなってきた〜今日この頃です。
草との戦争が始まった!ブヨとの戦いも始まった!!
では、ここ最近の近況を報告してみます。


b0364814_21321837.jpg
ハーブがだんだん軌道に乗ってきました。
そろそろ定植しないとな〜



b0364814_21331929.jpg
これは、ナスタチウム。
キャベツのコンパニオンプランツで、モンシロチョウ防止に…と思って定植しました。
さて、効果はいかに…?!



b0364814_21421723.jpg
みさきキャベツ、茎ブロッコリーついに定植!
段取りミスで、雑な仕上がりになってしまいましたが…



b0364814_23472189.jpg
そういえば、ここ、太陽熱消毒を試みましたが、熱が足りず、草を生やして終わってしまいました…
この太陽熱マルチは引き続き、隣の隣にある長ネギの畑に移動。
最近暑くなってきてるから効いてくるとは思うのですが…


b0364814_20283950.jpg
ナスの苗も大きくなってきた!
ただ、悩みが1つ、圃場が梅雨前に準備できないかもしれない…
まく予定の米ヌカの発注ミスで、来るのが今月末か来月の始めになってしまったのですorz
米ヌカ早めに、というか今、欲しいんだけど、どこかないかなぁ〜
定植のタイミングが合うか心配です…


b0364814_20295782.jpg
葉カビ病が心配だった麗夏ちゃん。(トマト)
以前はこんな感じでしたが覚えてますか?


b0364814_20331929.jpg
以前はカビカビるんるんだった麗華ちゃん。(4月16日撮影)
1ヶ月たってないけど、立派になって…(/ _ ; )
今月中に定植する予定です。
ちなみにトマトの畑、面白いことになっています。笑

ネギとバジルとライ麦さんとのコラボの畑です。
また後日。笑




by hachidori0401 | 2017-05-09 20:38 | 野菜畑のこと | Comments(0)

どーも、妻です。
今日はまさる氏の親戚の皆さんが集まりまして、ご馳走食べてワイワイガヤガヤしました。
あと、おじいちゃんの白寿祝い!
おじいちゃんは2キロのステーキをペロリとたいらげる元気な98歳です。
(あとでお腹壊したらしいですが…笑)


今日はナスの畑の準備!施肥に耕耘に、しっかり働きました〜
その後のビールとご馳走、最高でした!GW万歳白寿万歳(笑)\(^o^)/

b0364814_22501996.jpg
家の近くに野うさぎさん。
近づいたら逃げたのですが、近くの排水管に頭ぶつけてた…。
おっちょこちょいなうさぎちゃんでした。



さて、妻の独り言です。
惣川に加工場を作りたいのです。
理想はこんな感じ↓


b0364814_22540429.jpg
新婚旅行で行った滋賀県にあるショップマドレさん。
実は私、ここのカフェスペースに興味があって行ったのですが、行ってみたらすごいとこだった…!
実はここ、東洋商会さんという農産物加工専門の会社だったのです…!



b0364814_23002902.jpg
社長さんはこんな本も出してるらしい…!
農産物加工の機械が専門ならしいです。

ここの会社の魅力的なところは、小さな農家さんの農産物から加工品を製造していること。こだわりのなたね油、米粉、お菓子、デリなど様々な製品を扱っています。
ショップマドレさんは東洋商会で製造した商品が置いてあるショップです。(カフェスペースもあります。)



b0364814_23064986.jpg
ショップマドレさんでいただいた、グルテンフリー、米粉のスフレチーズケーキ。
地産地消率が高く、クオリティも女子力も高い…!
基本的に女性4名のスタッフさんが、東洋商会の事務とショップマドレのデリやスイーツの製造などをされています。


b0364814_23310176.jpg
お持ち帰りで買った米粉のお菓子、ぱりぱりこめこさん、だったかな?
かわいい…!


b0364814_23324119.jpg
米粉パンケーキミックス、ホットケーキみたいな感じ。うまうま。



とゆーわけでですね、私もいつか、惣川に加工場を作りたい…!と考えています。
実はボチボチと動いていて、まずはとにかく加工品を作ろうと、試しに乾燥ハーブに取りかかろうとしています。

機械は借りることになっていますが、ゆくゆくは自分たちで揃えたいと思っています。
冬、惣川でも収入のある仕事ができるように、そんでもって、まだまだ元気なおじいちゃん、おばあちゃんにもちょっとした手作業仕事をやっていただいて、惣川に利益をもたらしたい…!そんなことをぼんやりと考えています。


ハーブは収穫そのものが楽ですし、いろいろと使い道があって面白いと思うのです。
食べることに使ったり(ハーブティ、ブーケガルニ)、香りを楽しんだり(ハーブウォーター)、スキンケアに使ったり…(ハーブスチーム)


というか、私が生活にハーブを取り入れたいっていう思いから始まったんですけどね。
ミーハーですけども。笑

ちなみに、ハーブ苗、インテリア用ハーブは、まるふく農園さん。
乾燥ハーブ製品(ハーブティなど)は、ハーブ仁淀川さんがオススメですよ〜!


まるふく農園さん、ハーブ仁淀川さんに比べるともちろん足元にも及ばないハチドリ農園ハーブ部門ですが…とりあえず作ってみたいものが、



カフェオレに負けないくらい飲みたくなる甘めのハーブティー
いろんなタイプのブーケガルニ(肉料理用、魚料理用など)
気軽に使えるスチーム用乾燥ハーブ
料理のワンポイント付け足しになる乾燥ハーブ(バジルなど)


…今の所のイメージがこんな感じ。
私が欲しいものを作ります!笑

野菜も基本的に、私が食べたいものを作ってる感じです、実は。
ロマネスコ、流行ってるみたいけど、よほどのことがない限り作らないだろうな。笑

by hachidori0401 | 2017-05-04 23:54 | 妻の独り言 | Comments(0)

草引きの思い出話


どーも、妻です。
GWいかがお過ごしでしょうか?

我が家には、まさる氏のお母さんが里帰りされ、テキパキと身の周りのことが片付いて来ています。
まさる氏のお母さんは、働き者でシャンシャン動くお方。
ご飯もいつもより充実してて、助かってます。笑

私はこれを機に畑仕事に集中。
今月中に、トマト、ナス、カボチャ、さつまいもの定植準備及び定植、
キャベツ、茎ブロッコリーの定植、ハーブ播種、
そのほか細かいことをいろいろと…

GWはバリバリ仕事!
まさる氏は疲れているのか横でガーガー寝ています。(いつもの倍イビキがうるさいです。笑)


今日は人参畑の草引き(草抜き)の作業をしていました。
人参、無事に軌道に乗っているようです。
イタドリが多いのが気になるとこですが…

私、草引き作業が好きでして、
無茶々園時代に何反もの人参畑の草引きを三、四人体制でずっと延々とやっていたのが身にしみています。

やってる最中はもうウンザリで、腰イタタな状態なんですが、
綺麗になった畑を見るのが好きで、やっぱりこのやり方が好きなんです。(こまめに草引きをする管理)
だいたい三、四周くらいはまわらないとできないので、
1人だとMAX一反までかな、と思います。人参のこのやり方。

b0364814_00594177.jpg
これよりもうちょっと大きくなってます。今日は雨が降ってくれたのでいい感じになってるはず。


草引きが好きな理由って、楽しかった思い出があるからだと思います。
私はよく、フィリピン人の実習生や、研修に来ていた日本人だったり外国人だったり、もしくは無茶々園(ファーマーズ)の仲間たちだったり、いろんな人と草引きしながら、おしゃべりしたり、歌を唄ったり(歌うのはたいがいフィリピン人)、音楽を聞いたり…


簡単な作業だから、おしゃべりしながらでもできるんですよね。
フィリピン人のみんなは口も手もよく動いていて、いつも明るく元気にキビキビと働いてました。
よくipodからカントリーの曲流してました。

私はそんな光景が大好きで、今となっては恋しいけど、おかげで人参の栽培はなんとなくできる感覚があるな、と思いました。今回を機に。

いつごろタネをまいて、ベタがけして、草引きして、収穫して…
こうやって書くと意外とシンプルだけど、他の野菜と並行して作業を進めるってなると、難しくなってくる。
だから、本当は人参は得意だからたくさんやりたいけど、基本的に1人だから抑えてやろう、って思ってます。


こういった経験値は、全て無茶々園で得たもの。
そして、今、こういった考えに至ったのも、いろんな教えがあったからこそ。
けど、正直、まだまだだと思う。
これから結果が出て思い知るんだろうなぁ〜

まぁだけど、ボチボチやります。

「田舎では体壊すとやってられなくなるからね」
「患わん程度にやれよ」


これは、先輩方に常に言われていることです。


「若いもんはガーっとやって、すぐにへばる。年寄り(ベテラン)は若者より遅い時もあるが手は止めない。」

「畑に行けば行くほど、いい結果が出る」


ダラダラやるのはよくない、けど、無理するのはもっとよくない、と思っています。
体は資本、常に大切に。

きちんとされている畑や作業場を見ると、ときめきます(゚∀゚)
私もそんな畑や作業場作りに励みます。(時々散らかしてて怒られるけど…)


b0364814_01153889.jpg
この間作ったメンマをたっぷり!ラーメン。
(ちょっと煮込みが足りなかった…)



とあるフィリピン人の男の子(無茶々園時代の職場仲間)に言われた一言、


「タキチャン、アナタ、イイfarmerニナレルヨ」


最高の言葉です。ありがとう、Jさん。
さて、明日もがんばります!(てか、今日ですな。)

by hachidori0401 | 2017-05-04 01:20 | 百姓を続けていくには | Comments(0)