ハチドリ農園の日々 hachibird.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

畑の様子や、生活のことなど、いろいろ。くだらなかったり、真面目だったり。コーヒーやカフェオレでも飲みながら、ちらっと覗いてみてください^_^


by ハチドリ農園
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

これまでに行った農家さんのご紹介③


どーも、最近ワンダーコアにハマった、ハチドリ農園妻です。
コアリズム、レッグマジックなどいろいろやった経歴がありますが、1番イイやつかもしれません。ワンダーコア(笑)
腹筋と背筋を鍛えたら、腰を痛めるのを防げるそうです。
ワンダーコアは両方鍛えれるそうで、現在お世話になっている大島農園の農場長からオススメされました(^^)

確かにいいです。2日でお腹に縦線入りました。笑
けっこう楽にできるんですけど、意外と効果があるらしく、次の日お腹付近がかなりの筋肉痛になりました。
農場長の太郎さんは、ワンダーコアを取り入れてから腰を痛める確率が減ったそうです。
ぜひ、お試しあれ(^^)
(永田家にも導入しようかな。(^^))


さて!今回は滋賀県のイチゴ農家さんです。
ハチドリ農園でイチゴを作る予定はない…というか、考えもなかったのですが、今回訪れたイチゴ農家さんにおける体験から、いろいろなヒントを得ることができました。
イチゴはとにかくデリケート!早く収穫したくてもなかなか急げないし、収穫した後の出荷作業も針に糸を通すくらいの慎重さが必要です。

イチゴ農家さんは2件お邪魔しました。一件目はイチゴ一筋のT-BERRY FARMさん。
2件目はイチゴと多品目野菜を生産している小林ファームさんです。
今回はT-BERRY FARMさんのご紹介です。


「うちはあまり勉強にならないと思うんやけど…」


ご実家にお邪魔し、身の上話(無農薬、無化学肥料で少量多品目野菜を作る予定のこと)などしたところ、T-BERRY FARM農場長の田中 大介さんは、そう言いました。
確かに、イチゴについては皆無と言っていいほど知識がなかったですし、お家に泊めさせていただいてお仕事をさせていただきながら勉強するには、目的意識が薄い状況だったと思います。
(イチゴもいちおう野菜ですが、作ろうとは無論、考えていませんでした…)

ただ、私はせっかく来たのだから普段見ることができない業界を見て、仕事内容だったり、経営の仕方だったり見させていただいて、何かヒントにならないだろうか考え、視野を広げたり、経験値を得る、そんな意識でいますとお伝えしたところ、とても親身になって、いろいろ教えてくださったり、相談に乗ってくださったりしてくださいました。奥さんの真理さんには、人生相談にのっていただきました。笑


b0364814_23185650.jpeg
作業中の真理さんと大介さん。清潔な出荷場でした。


実は、大介さん、自然農にすごく興味がある方だったんです。なので、話が通じる点が多々あり、…というか逆に教えていただいたといっても過言ではないくらいに(笑)
ちなみに、自然農とは無農薬、無化学肥料はもちろんのこと、むしろ肥料はやらず、耕すこともしないやり方で、まぁそれについては追々で…


さて、T-BERRY FARMさんについて、特徴を述べていきましょう。
T-BERRY FARMさんのイチゴをもし買ったら

基本的に甘い。
実が大きい。(通常のサイズもあります)

これは間違いなく保証されています。
なぜならば、T-BERRY FARMさんは「熟した状態のものしか出さない」出荷をされているからです。


日々出荷されているものがこちら。

b0364814_23291595.jpeg
これは、収穫したばかりのものを詰めたものです。実家に送ったら、おっきなイチゴだね〜!と驚かれました。


例えばの話、一つの苗につき14個実がなるとしましょう。通常、マニュアル通りのやり方だと、だいたい7個の実に絞って摘果(実を落とすこと)します。
T-BERRY FARMさんは、それを4つや3つにしているそうです。
そうすると、数が少ない分、実は大きくなり、味も向上します。逆にデメリットとして言えるのが、収量が減ってしまうこと。ですが、高品質を確実に、そしてお客さんの需要に合わせた数を出荷することで、ほぼ売れ余すことなく、収穫した分を確実に売り上げに変えていっていくことができているそうです。

イチゴは単価が高いです。ですが、その分、本当に神経をすり減らすような作業をして、丁寧に大事に梱包して、お客さんのところへと出荷していきます。

b0364814_20502817.jpeg
セルトレイ専用のトレーを使って作ったイチゴ農家収穫カゴ。
台車に座って、いちごを下から見上げる状態で収穫をしていきます。


b0364814_20562732.jpeg
収穫した状態のいちご


b0364814_21001907.jpeg
どちらが私(素人)でどちらが大介さん(プロ)によるものでしょうか?
イチゴの向き、ビニールの張り具合からしてわかりますよね〜(汗)




さて、イチゴの世界、いかがでしたでしょうか?
ちょっと長くなってしまったので、T-BERRY FARMさんで学んだことは次回にまわします。
そして、無農薬イチゴ、小林ファームさんのご紹介もいきまーす(*^^*)


















[PR]
by hachidori0401 | 2016-06-11 21:06 | 視察 | Comments(0)