ハチドリ農園の日々 hachibird.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

畑の様子や、生活のことなど、いろいろ。くだらなかったり、真面目だったり。コーヒーやカフェオレでも飲みながら、ちらっと覗いてみてください^_^


by ハチドリ農園
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

妻、自己紹介


こんにちは、今日は強い雨が降ってますね〜。
ハチドリ農園、只今、修業中の妻です。(詳細は後ほど…)
ハチドリ農園のfacebookページへのリクエストをお願いしたところ、予想以上の反響に嬉しさ半分、若干ビビり気味半分です^^;
皆様、本当にありがとうございますm(__)m

これからが本番‼︎
1に百姓、2に百姓、3、4も百姓…でがんばります。


今回は自己紹介をさせていただきます。



永田 美穂(旧姓 田北)

1990年1月20日生まれ
B型
広島生まれ、広島育ち
県立祇園北高校 普通科卒
広島修道大学 商学部商学科 修了
株式会社イベントスコミュニケーションズ、農業法人 無茶々園にて社会人を経験
2016年1月 まさる氏と結婚
同年3月末 無茶々園 退職
4月 ハチドリ農園 スタート


☆ここからは、ながーーーーーーい、自伝が始まります。


中学生までは、そこそこ勉強したものの、高校では堕落。
それなりに、部活(卓球部)だったり、文化祭だったりenjoyはできた…と思う。

大学では、マーケティングや商業簿記など、一切、興味がわかず、ゼミ専攻の観光については、割と熱心にがんばる。そこで、グリーンツーリズムというものに出会う。

ゼミの研究の一環で、仲間たちと一緒に、大崎下島へ泊まり込みで、みかんの収穫体験へ。(広島は大長みかんが有名)
モノラックという、本来は収穫したものを運ぶ乗り物に乗せていただき、そこから見た山と海の風景に感動し、将来は百姓になるのもいいかなーと考えが浮かぶ。

とはいっても、親は娘が農業を志すことにあっさり反対。
なぜなら、農業は儲からない…のもあるけど…


運動音痴で、体力がないでしょ。
無理無理ー(・ω・)ノ



今後またさらに言われ続ける運命になるとは知らず…


その後は、就職氷河期の中、ぼんやりと就活。
面接で、「趣味は農業体験です‼︎」というと、へー‼︎と興味を持ってもらって、選考が進んだこともありました。

特に反応、そして対応がよかったのが、広島のゾーナイタリアン等を経営するメイプルシティさん、社長さんから人事担当さん、スタッフさんまで気持ちのいい方ばかりで、影ながらお店のファンでたまに行ってます。
全部美味しい、ですがトーストが病みつきになる‼︎
広島に来られましたら、ぜひ。


他にも精米機メーカー、アパレル、運送会社…氷河期という言葉に揺さぶられながらも、やっぱり農業関係の仕事がしたい…と思っていた矢先に、出会ったのがイベントスコミュニケーションズでした。(以下、イベントスと書きます)


「農業体験に来てみませんか❓」

と、会社情報の中に書いてあり、気分転換がてらいってみようかな、と思ったら。
同行したのが、まさかの社長さんでした。黒いバンでのお出迎えには、さすがにビビりました。笑
広島郊外、とはいっても車で約20分ほどでつく集落、吉山。都会❓からのアクセスの便はかなりいいにも関わらず、景色は一変。自然豊かなところです。


結果的に、私はイベントスへの就職が決まったわけですが、私に与えられた仕事が、農を通してのお客様との交流、及び、食と農についての新しい情報発信。
吉山で新しく新設するレストランの隣にある、いわゆる観光農園の管理を任される…はずでしたが…。
実は、半年足らずで辞職。ですが、吉山の地域のみなさんと、イベントスのお客様の交流イベントや、地域のお祭りにて吉山産のトマトを使用したパスタを提供するなど、やってよかったなーと思える実績が私の中にあります。

では、なぜイベントスをやめたのか。
それは、
「社長、私、やっぱり百姓がやりたいんです」


イベントスは、メインは飲食業。調理はもちろんしませんでしたが、サービスマンとしての業務の難しさ(要は気が利かない。笑)、そしてやはり日々高まる百姓への憧れから、半ば強制的に自分からイベントスを出ました。
当時はものすごい迷惑をかけましたが、今現在、イベントス、すごいことになってます。進化し続けている、というのがふさわしいのでしょうか。
今度、こっそりお店を覗いてみようかなともくろんでいます。


さて、あ‼︎とても長くなりそうなので、コーヒーなど、ご用意を(^^)
では、続きを。


戻って、就職活動時代、実はイベントス以外にもう一つ出会いがありました。
それが、島根県にある農業法人 やさか共同農場さん。
最近、環境保全型農業ということで農林水産大臣賞をとられたそうです。

そこへなぜ行ったのか。
はい、出ました、農業体験。


大学の企業説明会でたまたま立ち寄った、島根県主催のIターン者向けのブースで、雑談(笑)をしており、「農業体験がしたい」というと快く紹介してもらったのが、出会いのきっかけでした。
今思えば、就職希望でもない学生にわざわざ紹介していただき、手配してくださった、関係者の皆様にはとにかく感謝です。島根県はUターン、Iターンに関しては特に力を入れており、対応もすばらしいと思いました。


イベントスに就職が決まった後に、1週間ほど、やさかさんに農業体験にいきました。やさかさんは、有機農業で、葉物野菜や、トマト、大豆、麦など生産。冬は雪がものすごいことから、味噌の生産を中心に行っています。

作業は、小松菜の収穫・調整、鷹の爪の調整、草引き…
夏でしたが夜は涼しかったです。
ですが、当時は全く戦力にならなかったと思います…
体調崩して休ませてもらったり、体型もナヨナヨしていたのでかなり気を使っていただいたと思います。

ですが、ここで農業を志す若い女性、男性との出会いもあり、ますます農業を通じた交流をしたいと思うようになりました。


あー…やはり、堅い文章になってしまう。ので、次は緩くいきましょう。
はい、無茶々園、そして愛する夫、まさる氏の登場です。笑


イベントス退職後、1年間、農業研修を受けるぞ、と親に宣言。
ついに、親も折れました。

やさかさんに最初はお願いしていましたが、諸事情から社長に無茶々園をご紹介いただき、また先方も研修生を欲していたことから、即決で連絡をとりました。

緊張しながら代表の人に電話…


「お忙しいところ、すみません。実は1年間、そちらで研修を受けさせていただきたいのですが…」

「いいよー、いつくるー❓」


軽っ。笑
けど、そこが、無茶々園のいいところ、なのかもしれません。


まずは、お試しにと1泊2日で訪問。当時は元気すぎる少年のような女性と(笑)、これまた明るい女性の研修生、そしてスウェーデン人とドイツ人の男性のウーファーさんがいました。
会社を出たことによる自己嫌悪から、暗ーーーーーい感じの私でしたが、彼女たちに出会ったことにより、よし、私はここで1年がんばるぞ、という気持ちになりました。

ちなみにこの時、まさる氏には出会っていたのですが、私は彼の記憶はみじんも残っておらず(笑)

その後は1年間研修生、その後は2年間、野菜生産を主に働かせていただきました。
入った当初は、チッソって何❓( ゚д゚)カンコウ農業❓観光じゃないよね…(O_O)
といった感じで、農業が好きな割には、無知にもほどがある‼︎状態でした(汗)


有機農業については、ここに至るまで知る由もなかったと思います。
けど、ここには書ききれていませんが、本当にいい出会いがたくさんあり、今に至っています。
まぁ書ききれていないのはそのうち、ネタ切れなときにでも。
もちろん、カテゴリはプライベートで。笑
無茶々園は飛び抜けて、個性豊かな出会いが多かったです。
ネタの宝庫なので、またいずれ。


さて、愛する夫、まさる氏は、
真面目、甘党、本の虫、いびきが超がつくほどうるさい、文字通り優しい人です。

10歳、年が離れていますが、あまり気にならない…というか、社会人としては尊敬できるが、まだ子供っぽい。


毎週、週刊ジャンプとかチェックしにコンビニにいく
とにかくお菓子を食べる
わりとよくスネる
几帳面な割には部屋は常に散らかり放題
amazonでムダ使いをする


まぁ私も似たような感じですが。笑
親友、兄、相棒のような存在です。


実は、今、私は広島、彼は惣川にて、別行動しております。
決して、


「実家に帰らせていただきます」


というものではありませんので(笑)、悪しからず。
ここまで書いた経歴を見ての通り、私はまだ少し経験値が浅い、もっと外の世界を知る必要がある、ということで、新婚早々、早くもお暇をいただきまして(汗)、今後は、広島、岡山、滋賀、長野でいろんな勉強を、修行ということで今、私はこうして暇つぶ…事務作業等している次第でございます。(ちゃんとやってます、真面目に^^;)


予定としては、(2016年4月現在)


ルンビニ農園さん(広島)
ほのぼのハウス農場さん(岡山)
いちご農家さん(滋賀)
どっぽ村さん(滋賀)
原 ちさ さん(滋賀)←リスペクトしてる人
大島農園さん(長野)


にて、お世話になる予定でいます。9月いっぱいまでは、予定が入っていますが、そのあとは11月までは未定。
修行は今年の11月末で終了予定ですが、今後もいろんな農家さんのところへ時間があれば勉強にいきたいので、ここはいいぞーとか、うちに来いよ、とか言ってくださる方、歓迎ですm(__)m


最後は急ぎ足というか…だいぶはしょってますが、今回はこのへんで。




ハチドリ農園
永田 美穂





[PR]
by hachidori0401 | 2016-04-07 13:41 | 初めましての方へ、ご挨拶 | Comments(0)