ハチドリ農園の日々 hachibird.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

畑の様子や、生活のことなど、いろいろ。くだらなかったり、真面目だったり。コーヒーやカフェオレでも飲みながら、ちらっと覗いてみてください^_^


by ハチドリ農園
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ノックダウンと覚醒


どーも、妻です。
急に冷えたかと思いきや、今週から暖かくなり、春一番がふくそうです。

まだ2月になったばっかりやぞ?^^;


春一番がふくと、気温も湿度もあがって、切り干し大根が乾きにくくなり、下手すると傷み始めるのだそうです。
2月は1年で1番寒い時季のイメージですが、今年はひょっとすると前倒しになってるのかも、、、

農業って本当に難しい。




さて、まだまだ私は出稼ぎメインな日々です。
最近チラチラこのブログを読んでくださってるというお声を聞きます。
しかも思いっきり身内の方だったり!笑
小っ恥ずかしい気持ちはありますが、忘れっぽい性格なので、過去には振り返らず、
相変わらず思ったことをポンポンここに書いていこうと思ってます。
しょーもないブログですが、少しでも楽しんでもらえたら幸いですm(_ _)m




b0364814_15304456.jpeg
無茶々園の畑から撮影した空
(2018年10月無茶々園スタッフのK君撮影)






「愛ボロ車 入院 」

私たち夫婦は、軽トラと軽バンの2台で活動しています。
軽バンはまさる氏の超がつくほどのこだわりで、スバルのサンバー。


b0364814_15285211.jpeg
ちなみにこれは広い画です。



この車、もう廃盤になっていて、生産されていないんですけど、軽バンの中でも名車と言われていて、男性なんか特に憧れる車なんだそうです。

広島へこのサンバーに乗って帰った時は、友人の旦那さんがものすごく興奮していて、
運転させてあげたら非常に喜んでいました。(それをまさる氏に話したらほっほっほっとご満悦でした。笑)



ところが今日、日曜休みでちょこっと買い物に宇和へあがったところ、
エンジンの調子がおかしい、、、
ついにスーパーの駐車場のおかしなところでバッテリーがあがってしまい、さぁピンチ!おまけにケータイ不携帯!(こんな時に限って!)


超幸いなことに近くのガソリンスタンドで、惣川の知り合いの方がお仕事に来てらっしゃっていて、車を見てくれたり、連絡をとってくれたりしました。なんと、心強かったこと。



「これはギアがおかしなことになっとるな。クラッチもきかんで。」


確かにクラッチを踏む時に、ギィと変な音がしていたし、
最近ETCもうまく作動していなかったような。。。



車で1時間半離れた惣川からわざわざ整備工場のおっちゃんが来てくれることに。
日曜日で休みなのに即来てくれる神対応。
同じ田舎で、顔見知りということの特権だとつくづく思いました。

JAFだと多分時間もかかるし、お金も休日料金かなんかでけっこうとられただろうな〜。


電話にて、



「よっしゃ。1時間ちょいでそっちいこーわい。」



今日は消防の出初式ということで息子さんは不在。代わりに引退された70代のおとーさまがわざわざ駆けつけてくれました。


その間買い物したり、公衆電話でまさる氏に電話したりであっという間に時間がたち。。。


おっちゃん登場。

あれ?代車で来てるではないですか。
エンジンかからんのに大丈夫なのかな。



「オラやったら運転できる。」



エンジンをかけ、エンストを2回しながらも、まるで魔法を使ってるかのようにエンジンをかけ、キィィィィィーーーーーーー!と一回ものすごい音をたてて、おっちゃんはあっという間に代車を残して行ってしまいました。


すごい。何やらわかりませんでしたが、車のことを熟知して操り、可憐に去っていたおっちゃんはめちゃくちゃカッコよかったです。(めっちゃ耳遠いけど。笑)

しばらくうちのサンバーちゃんは入院です。
復活してね。もちょっとがんばってほしいな。




「English or Chinese only.」



先日、米博物館での出勤日のこと、日曜日ということでぞうきんがけをしに来るお客様が何名かいらっしゃいました。


そのうち、1人少し小太りなお兄さんが息を切らせながらぞうきんがけレースをしに受付へ。


あまり言葉を発せず、淡々と受付をし、準備をしているので、常連さんかな?と思っていたら



「(ゼェハァ)アノ、ワタシ、台湾人。日本語アマリシャベレナイ。English or Chinese only.(ゼェゼェ)」



あぁ!そうなのか!てっきり!
え?チャイ語は無理!英語、英語、、、、



「オゥ!ウィアリー!ディスイズ トゥ ハード レース!アーンド、アイム ソーリー!アイキャン スピーク イングリッシュ ソーーーー!リトル!(あとは身ぶり手ぶり)」




まぁなんとか無事にレースをしていただき、写真撮ってあげたりしましたが、
久しぶりの英会話、緊張しました!
1番好きな科目は英語だったのですが、中学生レベルの英語しか出てこなかった〜


まぁ向こうもリトルスピークイングリッシュでしたが。笑
彼は旅行で来日し、facebookで検索して米博物館を知ったのだそうです。



ぞうきんがけは、日本オリジナルだそうで、外国人のお客様からも好評なんだとか。
これから然るべき出会いにて、うまく対応できるように英語の勉強を再開しようかと熱が入りました!

私の夢である農家民宿は、もちろん外国のお客様も迎えられたら!なんて思っています。
それから自分も自ら勉強しに伺いたいですし。
うん、やっぱり英語は勉強しよう。


そんなこんなで刺激のある日々を送っています。笑




b0364814_16070898.jpeg
最後に、最近買った本。

「未来につなぐわらごはん」は、「重ね煮」と「マクロビ」が
キーワードで、有名な農家民宿のご夫妻が書いた本。
今の私にドンピシャな本。


マツコ・デラックスさんの「あまから人生」は
女性の人生相談にマツコさんがビシっと答える本

マツコさん談


b0364814_16115511.jpeg

スバラシイことおっしゃってます。

私はマツコさん大好きなんですけど、
今の私が相談しにいったら

「アンタ、そんなんじゃ全然ダメよ。甘すぎるわ。」

なんて言われちゃいそうです^^;




# by hachidori0401 | 2019-02-03 16:14 | 妻の独り言 | Comments(0)

どーも、妻です。
29歳の誕生日を迎えました。いよいよ三十路に突入しようとしております。


最近「若い」という言葉に敏感に反応してしまう自分がいます。
先日同級生3人と再会した時に、「たっきーが今1番若いね。」と言われ、
どこが?!と迫ると、「年がよ。誕生日1番最後じゃん。」と言われて、墓穴を掘ったなと感じました(⌒-⌒; )


年上の人に、「若いからいいわねぇ〜」なんて言われると、どう返したらいいか分からないし、エスカレートして嫉妬なんてされたら、たまったもんじゃないなぁ!と思ったりもします。
けど、やっぱり言ってしまうんだろうなぁ、自分も。


でもそうすると今度は次の世代の子たちに迷惑がかかってしまうので、
これからは自分を好きにならずとも、今の自分をどう有効活用するか、という風に考えて楽しく過ごせていけたらいいんじゃないかと思っています。

29歳の誕生日は、自分を含む年をとることに恐怖心が少なくとも存在する人に向けて書いていきたいと思います。



『これからの人生設計 プラン』


30代 子供を2人産む 500万円くらい貯金する
40代 車買う 学校行事 家族旅行
50代 子供たちの自立 家を建て替える資金を作る
60代 家を建て替える 料理修行 旅に出る
70代 農家民宿を始める たまに遊ぶ 本を書く
80代 農家民宿か農家レストランを経営 本を書く
90代 農家レストランかカフェをしつつ、自分のやりたいことを優先に健康的に生きる



これみて、「ブッ!」と吹き出す人もいるかもしれません。笑
けど、今現在の私の実力から、おおまかにプランを立てるとこれが1番現実的。


40代を迎える前に500万円貯める!と何人かに言うと、みんな「う〜ん」という顔をします。逆に燃えます。
私にとって30代のキーワードは「料理」かもしれません。


なぜかって、今1番興味をもって取り組めることだし、私の夢におおいに関係があることだから。
作るのと段取りのクオリティ両方をスキルアップしていきたいです。


b0364814_15124537.jpeg
デザイナーのこはにわさんのとある日の食卓
見た目、栄養バランスがいい食事





お家の電球は白ですか?それともオレンジ?
オレンジ色は料理を美味しく見せてくれるのだそうです。
視覚も味の1つ。自分の料理に自信がなかったり、なんだかマンネリ化してきたなぁと思ったら変えてみてください。
思ったよりも生活環境が変わるかも。
私も変えなくちゃ。




私の人生設計では、70〜90代もバリバリに動けるという程で、予定しています。
貯金も大事ですが、健康を保つことも同じくらいやるべきじゃないでしょうか。
貯めれるものでもなく、キープすることなので、内容は違いますが。


とある人のコラムでふと目にしたのが、ガンについて。


ガンは、遺伝性のものならば防げない部分もあるかとは思いますが、
あまりにも患者数が多い今現在においては、「ガンは体からの危険信号みたいなものだ」とその人は言っていました。


親から遺伝するのは体質だけではなくて、生活や食の習慣もそのまま子に受け継がれていきます。
これがガンになりやすいのではないか、、、という原因としては、

酒タバコ
偏った食事
睡眠不足
笑わない日常
運動不足



みなさんはいかがでしょうか?


お金を貯めつつ、健康体をキープできるような生活習慣。
まずはこれを続けることで、90代までのビジョンに近づいていきたいと思っています。


私としては90代になっても働けるなら働いていたいです。
美味しいコーヒーとお茶菓子くらいなら、出せるんじゃないかとか、
若者たちを励ますおばあちゃん食堂でもいいし。


そういえば、このお店、言ってみたいんだよな、ってお店があるんです。↓




b0364814_15294758.jpeg
レストランのホールのスタッフが認知症のおばあちゃんたちで、
たまにオーダーを間違えたり間違えなかったりするけど、そこは許してね、っていうレストラン。
認知症の人は何もできない、という考えをなくす社会にしていきたいという思いから始められたそうです。

お料理はとてもこっているそうで、美味しそう。
オーダーを間違っていても料理を含め、接客と共に満足度は高いのだそうです。


私は「注文をまちがえる」と書いていなくても、多少のドッキリイベントなら笑ってすましています。可愛げがあったらね。
無愛想だったらそそくさと退散しますけど。


「うばすて山」っていう昔話があります。
年寄りはいらん!というお上の言いつけで、若者が年老いた母親を山に捨てに行きます。が、そんなことはまっぴらごめんだという息子が結局連れて帰り、こっそり地下でかくまっていると、隣の国の殿様の知恵比べの申し付けが。無理難題にも関わらず、お母さんの知恵を借りて見事に勝利。お上に正直に打ち明けたところ、年寄りを大事にしようという国になったという話。


お互いの良いところを出し合っていけば、無駄な存在などないのでしょう。



年なんてとりたくない!
けど、生まれたからにはまぬがれない事実であって。
だけど、自分にとって理想な、60代〜90代を考えてみるのも、
いいかと。うん、するべきだ。

さて、そろそろ散歩に行ってきます。
向かい風でも負けないぞ〜



# by hachidori0401 | 2019-01-20 15:49 | 妻の独り言 | Comments(0)

自然がいいね


どーも、妻です。
前回の投稿より少し間が空いてしまいました。
と、いうことは、忙しいというわけなんですよ、ええ。

お仕事いただけて本当にありがたい!
ハチドリ農園の話題はしばらくお休みがちなんですが、ご了承ください。

昨年の今頃は惣川はこんな感じで真っ白だったんですけど↓



b0364814_21480799.jpeg
自宅付近。(撮影、まさる氏)




今年は暖冬すぎて雪が全くありません。
それでも朝や夜は氷点下にはなります。
愛媛の雪国、、、子供ができたらどんなライフスタイルになるのかな、
仕事はどうする、生活は、、、、考えだすとキリがないですが^^;




「自然がいいね、の話」


自然、とはいっても今回は、木とか山とかグリーンの方じゃなくって、
行動的なことの自然、がイイね、な話です。
ちょっとしたヒントになれば嬉しいです。。



ずっと前から宣言してますが、もはや慢性化している日々の目標が「ダイエット」と「貯金」です。

これ、どっちかができていれば両方成り立つそうなんですけど、
去年は


ダイエット ×
貯金 △


の結果に終わってしまいました。
私の理想体重は48キロくらいかなぁと思うのですが、今現在53キロなのであと5キロ減らしたいところです。

ちなみに肥満MAXだったのが、10月ごろで無茶々園の皆々様に、


ややこができたか?
太ったね〜



といった発言が相次ぎ、これはマズイ!と


散歩
エゴマ油
夜食とお菓子を控える



を実行し始めました。
すると、ここ最近体重が1キロ減、お腹周りも変化ありで、ズボンに隙間もでき始めました。



散歩は、明浜に単身赴任してボチボチ仕事終わりに歩いているのですが、
とても気持ちよく歩けてます。



b0364814_22221241.jpeg
静かな波の宇和海と夕日に癒されます




散歩って1番手取り早いダイエットなんだそうです。
15分たつと燃焼が始まるそうです。

15分って、大人の足だとけっこう歩けます。だけどあっという間。
景色を楽しんでいるともうちょっと、もうちょっと、、、ってなるんですけど、
復路を帰るときにあぁ、しまった。調子に乗りすぎた!と後悔することもあります。笑


明浜だと知り合いもまぁまぁいるので、車でピッと鳴らされたり、声をかけられたりするのもしばしば。
正直、小っ恥ずかしいのであまり出くわしたくないなぁと思うのですが、そんな中ハラハラしながら歩くのもちょっとしたスリルで面白い。

明浜は海と山景色がとても綺麗です。どこを散歩してもいいなぁと思う。
ぜひともおススメしたいですね。

ただ、やりすぎは禁物だなぁと思いまして、というのも、この間行きつけの整体のおばちゃんに

「アンタふくらはぎ張りすぎ!このままダッシュしたら腱(けん)が切れてたよ」

と言われました。
女性は足の腱は要注意です。レクバレーで腱を切った!というのはよく聞くお話です。


適度な運動とストレッチは本当に大事。




私はストレッチを習慣するのにとても苦労しています。
人によってはやらないと寝られない!なんて言う人もいるそうで、寝る前に軽くストレッチするように意識。(なんちゃってストレッチだけど)



とある男性の話ですが、


ミニバンを買う
半身浴とヨガをしている



ということをここ最近実行する、ということで、そうなった経緯が筋が大体通っていて面白いな、と思いました。





一眼レフカメラを買った
綺麗な景色を撮りたくなった
山に登り始めた
体を鍛えないといけないなと思い、タバコをやめて、トレーニングを始めた
山登りに行くには大きな車が欲しい
、、、、



なんだかいい流れなんですよね。
これ、私の上司の話で、無茶々園にいる時から、お前お金貯めてるか、って言われ続けてました。ちなみに上司は私の今の貯金の10倍以上のお金を3年間で貯めたそうです。

私の現在の貯金はというと、、、


その額は貯金ではなくて、預貯金残高ならしいorz
今月打破しましたが。やばい〜
ちなみに我が相棒もスカンピンです☆笑


昨年から家計簿をつけ始めたのですが、一番の原因は、外食と交際費!
今年から慎重に動いてくつもりです。。。


私が知っている稼ぐ農家さんは酒タバコは必需品な人ですが、1年の大半は仕事。
日頃は酒かタバコしかお金を使いません。
年間の売り上げが2000万円で、経費を引いて1000万円は丸々懐へ。


畑に行けば行くほど懐が温まるはず。
出稼ぎしまくってますが、それでも畑に行く時間は増やして行かないと、と思っています。



ーーーーーーー
今度はとある女性の話です。
その方はジーンズが似合う足が細い、良いスタイルな方で、
お子さんもいらっしゃるんですけど、ピシっとしていてうらやましいなと思っています。


話を聞くと好みの食べ物が、



ハード系のパン
ナッツ系
焼酎



なるほど。食生活に太る要素がない。
さらに聞くと歯磨きをしたりするときに足踏みダイエットをしているとのこと。
お風呂あがりにタオルでストレッチも。



極め付けは、




「最近ゴム入りの伸びるストレッチパンツとかスキニーが多いじゃない。あれって体甘やかしているようだからはかないの。」



なるほどーーーー!
私ゴム入りばっかはいてるーーー!笑





、、、、というわけでですね。
結論、



貯金もダイエットも続けてればできる



自然体にできるのが1番。



ちょっと無理やりまとめてしまいましたが、
この間、近所の農家さんのお家にお邪魔してた時に出た話で、
いろんな事柄で「自然」が1番理想的、ていう話をしていて、面白いなって思ったんです。



例えば、犬猫保護の話だと、
これは意見の違いがあると思うので、あまり大きな声で言えないですが、


保健所が猫を保護するのも、
保護団体が保護するのもしょうがない部分があるにしても
ちょっと介入しすぎている気がする。

野生の猫はそもそも寿命が短いし、
外で子猫がたくさん産まれて死にかけていても、
本来は人が介入するべきことではない。




ただ、猫って気まぐれでデリケートな生き物なので、こちらから迎えるより、
向こうから運命を背負ってきた場合、飼ってもいいんじゃなーい?っていうのが私の考え。



ペットショップでは次々と子猫がショーケースに入れられている一方で、
捨てられた猫が保健所に連れていかれ、成仏させられている、、、


これは「不自然」なことがどこかで起きているから、じゃないですかね。



人間で例えれば、


仕事でストレスがたまり、やけ食い、酒で太り、無理なダイエット。
それが祟って仕事でミスし、またストレスがたまり、、、、



お金に関していえば、宝くじでドカっと何億円当たったときというのは、
楽なやり方で、急にモデル体型になったのと一緒であって。


それをきっかけに働かなくなり、
体もろくに鍛えずに、ほしいままに食べていたら、、、


お金がなくなって
リバウンドしたときに


挽回するための力が莫大必要になる。




、、、、そう思うと私だったら、、、


自然に貯めて
自然に痩せれる方がいい。




自然はゆったりとしているのです。




そう思うと、


散歩している時に
ビュンビュン通っていく車に乗った人たちに向かって、
ふふんっ

てな感じで、逆に得意げになっちゃいそうです。



# by hachidori0401 | 2019-01-19 23:28 | 妻の独り言 | Comments(0)

どーも、妻です。
温かくて、陽気な日が続いています。

仕事始めは、無茶々園で切り干し大根を干す仕事。
何トン(何百か何千か忘れた!)もの大根を機械にせっせと放り込み、
普段はちりめんを干す台に、真っ白なカットされた大根を並べていきます。

腰をかがんだ状態で広げていくので、腹筋背筋がない人は腰を痛めます。
仕事始めにして、その日の夜はすでにアイタタな状態でした。

それでもあまりにも気持ちがいいので、少し早めに仕事が終わってから、近場を散歩。とはいっても、農道を歩いてみかん山を眺めながら、今度は山の上から海と住宅を眺める散歩道。少しハードな道のりでしたが、意外と1時間弱の充実コース。

散歩ってなんだか年寄りくさくていやだわ、なんて思うそこのアナタ、
いやいや、歩いてみなされ。
絶対、体のどこかが突っ張ってきますよ。侮るなかれ。
私は気づいたのです。今から動かしとかないと!ってね。


実は実家から戻る直前に、更年期の父の態度にノックダウンし、号泣。
でも、それでも反感を持たなかった私はエライ。
今頃、ケロっとしているんだろう、と思いながら、ボテボテと歩いたのでした。



「憧れ素敵な女性 しまちゃん」


このブログって、農業と関係ないやん!
って思われちゃうくらい雑談が多いです。すみませんm(_ _)m

農業ネタが多い時って、=忙しい、ので、なかなか書けないのです(⌒-⌒; )
あ!これ写真撮りたいのに。って思っても、カメラ忘れたり、
これを夜、ブログに書こうとその時思っていても、他のことで忘れたり。


つまり、、、、
ブログを書ける時って、=余裕がある時。なんですねぇ〜
だから散歩とか呑気なこと言ってられる^^;

でもこんなにオープンに私生活を書く人もいないと思うんですね。
だからか、暇つぶしに読んでくださってる方もいらっしゃる。
ほとんどためにならなくて申し訳ないんですけど、たまにこれならどうよ!ってことも書いてる(つもり)なんです。

だけど、正座して真面目に読め!とは言いません。
むしろ、ワイン片手に、マグカップ片手に、我が子を片手に持って、
へぇ〜。と読んでください。(^◇^)


今日は雑談です!
アラサー女子がま〜たなんか言ってらぁ。みたいな内容です。




b0364814_19500877.jpeg
しまちゃん (パンとスープと猫日和に登場)




しまちゃんは、パンとスープと猫日和に出てくる、主人公がやってるカフェで働いてくれている若い女の子です。
素直で、ちょっと男勝りなたくましさのある、働き者のしまちゃん。

学生時代は野球部でしごかれ、その時の習慣を良い形で残しつつ、大人になった女の子。

本を読んだら、しまちゃんの魅力が分かります(^.^)



b0364814_19540753.jpeg
しまちゃんをやっているのはモデルの伽奈ちゃん
なななんとカープファンなんだとか!スバラシイ!!





伽奈ちゃんは、存在が面白くて不思議な子。と、ベテラン女優のもたいまさこさんが言っていたそうです。
パンとスープと猫日和でも、もたいまさこさんはお向かいの喫茶のママ役として出ていますが、時折トゲのある発言をするもたいさんの迫力に、しまちゃん役である伽奈ちゃんが泣いてしまったというエピソードがあるそうです。
もたいまさこさんって、すごく小柄な女性なんですけど、それに対してスラーっと長身である彼女が泣いてしまうというのは、なんだか面白い光景です。(もたいさんは、そのことについて傷心していたらしい。)




b0364814_20320669.jpeg
喫茶ハッピーのママ役 もたいまさこさん




あ〜こんな女性スバラシイ!なんて、すぐ影響されて発言している私ですが、
そういう憧れの対象になる女性たちの共通点って、「自立していること」だと思うのです。
それは結婚している、いないは関係ありません。
結婚していない人の方が、ステータスとして自立が確定してはいますが。

結婚しているならば、自立を目指し、旦那さんもそれをおおいに激励するべきだと思います。


自分を支えてくれているものがなくなったとき、倒れずに立っていられるように、
「自立」できる土台をコツコツと作っています。
今の私なら、本を読んだり、映画を見たり、人の話を聞いたり、関わったりで、
知識という材料を蓄え、
それを仕事だったり、あるいは子育てで実践し、経験と共に材料と一緒に土台を作り上げていく。


これは、1日、一ヶ月、一年で、ググンとできるものではない。



なのでね、焦っちゃダメだ。自分。もしくは誰かさん。

結婚せーだの、子供産めーだの


あーじゃこーじゃ言われてるけど、、
考えてることはあるんじゃい!と言う人は、
惑わされないように、お互いがんばりましょうね☆
私も毎日奮闘しております。


結婚はですね、、、、したいと思ったらできる。これは間違いないです。
私の友人は一発逆転で、今度アメリカに移住です。
急にガラッとステップアップした彼女には拍手喝采です。ガンバレ。
子供さんは授かりもの!!できなくて辛い思いをしてる人だっている。
でも、それで全てが決まるわけじゃない。それでも輝いてる人だっているよ。




自分の幸せって、奪われないようにってのもあるけど、
自分で破壊しちゃうってパターンもあると思う。
そうしないための、自立。


とある自立している女性の話をして、
風呂入って寝ます!





「港にあった喫茶店」



広島宇品港の二階に、喫茶店があります。
たまたま時間があったのでふと立ち寄り、甘い香りがするというグアテマラのコーヒーを一杯注文しました。


ベテランの女性が1人、ポツンと座って営業。
入るなり「決まったら言ってね」と少しラフな対応。(嫌いではない)
少し離れた席に座って本を開き、しばらくすると美味しそうなコーヒーが一杯。

香りも良く、一口飲むと、酸味が美味しく、これはブラックでもいけるともう一口、もう一口。(本来はコーヒーはミルクと砂糖を入れて飲みたい。ので、かなり珍しい)


「これ、私のおやつ。よかったらおすそ分け」

と、ニコニコしながらくれたお団子。
あぁ、どうも!と遠慮なくいただき、コーヒーもあっという間に飲んで、
「パンとスープと猫日和」の第二弾を読んでいました。


小1時間つぶすつもりがあっという間に時間がたち、
ちょっとおばちゃんとおはなししてでよう、、と思い、
レジしてもらいながらお話。



コーヒーが美味しかったからの、
淹れ方とこだわりを教えてもらい(注文を受けてから豆を挽いているらしい)




「気に入ってくれてありがとう。でもね、本当は私の主人がコーヒーを入れていたの。2年前に突然死して、それからは私がやむなく入れているんだけどね。」


と少し寂しそうに笑って言いました。


伝票に手書きで「ありがとうございます」と書いてあったり、
コーヒーを持ってくる時に「もう6日なんですねぇ。早いねぇ」とニコニコしながら笑いかけてくれたり。


お店には私1人しかいなくて、ちょっと寂しいけど、優しい空間でした。



帰り際に気まずくなった父に車で送ってもらい、ぎこちないまま寄ったカフェで何気なく出会ったおばちゃん。
私よりも寂しくて、つらい経験をしているのに、
足元にはしっかりとした土台ができていました。


広島港二階にある「喫茶 アンカー」
お一人様向けかもですが、美味しいコーヒーとゆったりした時間が過ごせます。
またおばちゃんに会いに行こう(^_^)



# by hachidori0401 | 2019-01-08 21:28 | 妻の独り言 | Comments(0)

あけましておめでとうございます(^O^)
年明けは広島は快晴でした。愛媛も晴れで、先日降った雪も落ち着いているようです。
これからが冬本番ですが、風邪をひかないようにしましょう。

年始はいつものように8時ごろ起床、
いつものトーストとコーヒーで朝食を済ませ、
近所の神社へお参りに行きました。


お屠蘇、ってみなさん読めますか?




正解は、おとそです。
お屠蘇って、新年にちょこっと飲むお酒のことかと思っていたのですが、
お酒自体はなんでもよくて、お屠蘇とは、みかんの皮や山椒の実、キキョウの根といった10種類の健康食品をブレンドしたもの。
これをお酒につけて飲んで、体の中に滞った物質を排出し、1年間健康に過ごせるように、というものだそうです。

私は今年、初めて知りました(⌒-⌒; )
何気なく飲んで、何とも思わなかったことを知るとスッキリします。



さて、知ることで、生き方、考え方が変わり、
実はそれが運命を決める出来事だったかもしれない、
そんなこともあると思います。

いつも通り、何も変わらないのがいい。
とは言わず、勇気を出してちょっと知ってみてください。
もしかしたら良い方向の舵をきることができるかもしれません。
目の前のことが変わらずとも、鏡でしか見えない自分自身は少なくとも変わっているはずです。

年明け一発目は、そんなお話です。




ーーーーーーーーー

「更年期障害の父」


いつも温和な父が、最近怒りっぽくなり、なんだか落ち着かなくなってきた、、、
これは今、始まったことではないですが、ふと年齢を思い出すとそういえば昨年、還暦を迎えたことが頭をよぎりました。


ーーーーーーー

私の父は、私と同じ商学部の私立大学を卒業し、某クルマメーカーの部品会社に就職。
還暦を迎えた今もなお、毎日コツコツ勤務しています。

趣味は読書と将棋とギターと散歩。

子供思いな父で、週末は必ず近くのスーパーや映画や博物館に連れて行ってくれたり、
夏休みは山小屋、冬休みはスキーにいったり。
旅行で、大きいところで北海道やハワイ。温泉旅行であっちこっち連れて行ってくれたりしました。

夜はちびちびと晩酌をするのが好きで、タバコもギャンブルもしません。
体も健康に気使って、今は抜け毛をきにして食生活の見直しもしています。


大きな不安だった出来事だったのは、ベトナムとメキシコに出向になったこと。
ベトナムのときはSARSという肺炎の大病が流行り、中学生だった私は、メールを打ちながら涙したりしたこともありました。
(弟は当時小学生で、校長先生に打ち明けて泣いてしまったこともあったそうです。)




そして何より一番のポイントが、私の父はバツイチ。
私が2歳の頃、母と離婚しました。それ以来、物心ついたころ以降は母と再会したことはありません。
父、祖母、弟、私の4人家族です。
ーーーーーーーー



素晴らしい父親だと、書いてみて改めて思うのですが!
それがふと、日常生活において小さなトゲのような出来事でコロッと忘れ、
深刻な問題になってしまうんだな、とたった今、気づきました。


朝、朝食の準備で、冷蔵庫からモノを出すときになぜか私の父は片手でモノをとりだし、やりづらいのか次第にイライラしてきて、当り散らしたり。

スリッパが脱げてあっちゃこっちゃしてるうちに、周りのモノに八つ当たりしたり、

開きっぱなしだった戸棚に頭をぶつけて、憤慨したり。



実は、ちょっとした原因があって、父の母である、私の祖母が、
冷蔵庫の整理ができていなかったり、モノの置きっ放し、戸棚の開けっ放しをうっかりしていて、そのあとノコノコやってきた父が、ズッコケてるといった話なのです。


昨日、いとこ家族が来ていて、たまたま見ていたトムとジェリーをみて、あ!
父はトム。ジェリーは祖母じゃないかと。笑




私が、あ〜なんでこんなことで八つ当たりされなきゃなんないのよ、と
ゲンナリしていたのですが、病名が出来てスッキリ!


私が考えた病名「更年期障害によるトムとジェリー現象(症)」



きっと小さな子供がその場にいたら、

「じーたん、ひーばーたん、何しよるん」



とひとこと言って、ワハハと言って終わるのでしょう。
一番の解決策は孫かもしれません(⌒-⌒; )




ちなみに、更年期障害による熟年離婚、親子の遠距離化は
しょうがないことだと思います。
年をとればとるほど、ちょっとしたことでできた溝を埋めるのにものすごいパワーが必要になる。


80歳を過ぎると、ちょっとした整頓や掃除ができなくなってくる。
それは責めるべきことではないのです。



ただ、私の父世代以降の世代、私を含む世代は、ただ単に自分たちのために働くだけでは、老後の生活が安定しない世の中になってきている。


自分と子や孫のためのお金を稼ぎ、
子や孫に迷惑をかけないように健康体を維持しなければならない。


年老いた親を手厚く見送ったあと、そういう意識でいなければならないという世の中になってきていると思います。



とある男性は、実家暮らしでアルバイト収入しかなく、自由気ままに生活していますが、

実の父親に対して不満があるようで、理由を聞くと呆れるくらい自分勝手なものでした。


いつもいつも働け働け、うるさい。
自分がこうなったのもアイツのせいだ。




こんな人に親を手厚く送るなんて無理だし、
子供や孫の面倒だって無理だし、そのうち自身が迷惑のもとになる。




ボク、結婚したい。
ボクを引っ張ってくれる人がいい。





今の世代で、そんな都合のいい人はよほど恵まれていて、この男に心底惚れている人でないと無理でしょう。






親と生活しながら親の悪口を言い、結婚や恋愛というものを真剣に経験しない人と
話すのは、反抗期の子供と話すに等しい。



私は自分でも恐縮するくらい恵まれていると思いますが、ほんの些細なことで涙がでて、取り乱してしまうことだってあります。


父には感謝を忘れませんが、もしも険悪な雰囲気になったら
「これは更年期障害である」
と自分に言い聞かせ、乗り切ろうと思います。

食べ物投げたりしたら怒るけど。




年始早々、重苦しい話、失礼しましたm(_ _)m

険悪だった父は、今はケロっと元通り。
どういうわけか、トイレにいくと治る父です。



b0364814_10003527.jpeg
Happy New Year!!2019
今年もどうぞよろしくお願い致します(^◇^)



PS、年賀状をお送りさせていただいた皆様、プリンターの調子が悪く、青いインクが点々としています。すみませんm(_ _)m
それは雪です。ホワイト年賀だと思ってください^^;

# by hachidori0401 | 2019-01-03 09:54 | 妻の独り言 | Comments(0)